車検のタイミングでメーカー保証の延長を考えよう

日本車を新車で購入した場合、メーカーの保証は3年間6万キロまで受けることが出来ます。

そのメーカー保証の期限を延長することが可能な場合もあります。これは、自動車各社によって異なりますが、ほとんどの場合は初回の車検が終わったタイミングでメーカー保証が切れる事になります。




なお、車検は新車で購入した時のみ3年で、それ以降は2年に1度受けることになります。



一定の金額を支払うことによって、メーカー保証を延長することが出来ます。




保証を延長することのメリットとしては、車の部品が壊れた場合に無料で直すことが出来る、故障によりレッカー車での移動が必要となった場合の費用や自宅までの交通費なども保証の対象となっている事があります。


日本の車は安全性が高いとは言われていますが、いつ壊れるのかは誰にも分かりません。




何かあった時のための保険と割りきって延長しても良いでしょう。

車検を受けるタイミングを同じなので、忘れることがありません。

ただし、2回目以降の延長が可能なのかはメーカーに問い合わせるようにしましょう。